スーパーコンパニオンびっくり情報局

普通のコンパニオンとは違う『スーパーコンパニオン』一度頼むと病み付きに・・・もちろん違うのは女の子の質と内容も・・・

前回、自分が閉所恐怖症である・・・っていう話をしたんですが、これは子供のころからのことです。

一番苦手なのがバス。

はじめはゆれるのでバスに酔う・・と思っていたんですが、大きくなるにつれて実は閉所恐怖症であることに気がつきました。

他にも恐怖症があるかもしれないと思い、いろいろ調べてみると知らない恐怖症がたくさんありました。

巨像恐怖症は知らなかったです。

■〇〇恐怖症の種類:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/22291

しかし自分が発症している閉所恐怖症、条件によっては全然平気だったりするんですよね。

たとえば、自家用車。

今、ゴルフに乗っているんですが、これはまったく大丈夫なんです。

自分で運転する分には全然感じないんですよね。

これがバスとなるとダメ。

大きさはバスの方が圧倒的に大きいのに、後ろの席なんかに行かされたらどうにもならないです。

出来るだけ出口に近いところにいる・・・というのが最善の方法です。

そんな話を伊豆長岡温泉のスーパーコンパニオンとしました。

その時、頼んだのは別名シースルーコンパニオンともよばれるコンパニオン。

シースルーの長襦袢を着たコンパニオンがお相手してくれるわけです。

もちろん公称はおさわりなし・・ではあるんですが、そこは魚心あれば水心。

いちゃいちゃ出来たりします。

いわゆる寸止め系の風俗・・・に近いものと考えてもらっていいものです。

これ、なかなかいいですよ。

キャバクラと違うところは、呼べるのが宴会で、こちらの土俵っていうところですね。

かなりきわどいことも出来たりするし、場合によってはヌキもあり・・・・なんて噂もあります。

私はまだ経験してないですが・・・・ヌキはなくても、綺麗な娘といちゃいちゃできるのはうれしいものです。

木曜日, 22 12月 2016 on 寸止めコンパニオン遊び.

Comments are closed.